家事代行とは?

背景は「女性の社会進出」

1985年に「男女雇用機会均等法」が施行されたことで、女性の社会進出は一気に活性化しました。そして、1999年、2007年の法改正によって、社会における女性のあり方はさらに変化したのです。ただし法律が変わっても社会の慣習は簡単には変わりません。今現在でも根強く残っているのが「男性が働き、女性が家庭を守る」という考え。事実、こうした社会通念にしばられ、楽しく幸せで過ごせない女性もたくさんいらっしゃいます。「家事代行」は、こうした背景から生まれたサービスです。

「家事代行」はがんばる女性の味方!

「家事をしない(できない)妻は失格」という考えは、とくに年配の方を中心としていまだ多くの日本人に残っているようです。なかには、「まだまだ働きたいけれど、家事をしっかりやらなければ、お姑さんに叱られる」という方もいらっしゃるでしょう。しかし、ライフスタイルが多様化した現代、こうした考えにしばられるのはもったいない、と考える方も増えてきました。

「家事代行」は、まさにこういった方のためのサービス。煩雑になりがちな家の掃除や食事の準備、育児などをピンポイントでプロに任せてしまうことで、仕事はもちろん、趣味などに使える時間を作ることができます。毎日を明るく笑顔で過ごすための手段として、近年「家事代行サービス」は注目を集めているのです。

「家事代行」と「家政婦」の違い

ここで疑問に思われる方が多いのが、「家政婦となにが違うの?」ということ。では具体的にどんなところが違うのか、2つのポイントに注目してご紹介しましょう。

1. 雇用関係が違う!

家政婦の場合は、依頼する「各ご家庭」が雇用主となります。契約や雇用関係に関するやり取りをご自身でやらなければならず、万が一トラブルが起きたときも対処する必要があります。一方、家事代行は、家事代行業者に登録した専門スタッフが会社からの委託により派遣される仕組み。雇用に関する細かな作業はもちろん、トラブルが発生した際も会社が対応するため、安心です。

2. 家事代行は時間制!

一般的に、家政婦は日給制だったり、住み込み制だったりすることからコストが高くついてしまいがちで、それが原因で「家政婦はお金持ちが雇うもの」というイメージがついているようです。一方で家事代行サービスは、時間単位で依頼できるのが特長。必要な分だけ依頼できるので、リーズナブルに利用できて大変便利なのです。

必要なときに必要な仕事をお願いできる「家事代行」

家事代行のメリットは、時間を区切って必要な作業だけをお願いできる点。家政婦のように一日中雇う必要がないため、効率的でコストパフォーマンスにすぐれています。「毎日忙しいからお風呂掃除とトイレ掃除だけプロにやってほしい」「月に一度、夫婦で外食をしたいから、その間だけ小さい子供の面倒を見ていてほしい」などといったピンポイントなご要望を叶えることができるのです。