主婦以外の方にも!家事代行がオススメなケース3選

使わないなんて、もったいない!

いよいよ年が明けて、寒さも一層厳しくなってきました。この季節、主婦のみなさんは水仕事をはじめとする家事に頭を悩ませているのではないでしょうか。もちろん、家事に悩ませているのは、なにも主婦の方ばかりではありません。たくさんの方が煩雑な家事に困っているでしょう。
家事代行は、そんな家事のストレスから開放してくれるサービス。主婦ならずとも、便利!と感嘆の声を上げることうけあいのサービスなのです。

今回の「家事代行サービス豆知識!」では、家事代行は主婦のものと思っている方にこそ見ていただきたい、「家事代行をオススメしたい方3選」をご紹介します。

家事代行をオススメしたい方3選!

「家事は主婦が行うもの」という考えは、古くから日本に根付いてきましたが、女性の社会進出が盛んになった昨今では少しずつ崩れつつあります。では、家事は誰が行うものなのか――答えはもちろん、ありません。逆に言えば、家事代行も様々な方にご利用いただけるサービスなのです。今回は、とくにこんな方にはオススメ、という3つのケースをご紹介しましょう。

1.一人暮らしの方!

一人暮らしをしている方はすべての家事を自分でやらなければなりません。とはいえ、仕事が忙しくなかなか家事ができないという方も多いのではないでしょうか。
そんなときに重宝するのが家事代行です。キッチン・トイレ・浴室などの水周りの掃除といったハウスクリーニングのような使い方はもちろん、家事代行ならゴミ出しや郵便物・宅配物の受け取りなどの細かい作業も依頼することが可能。普段は自分でやらなければいけない作業を任せることができるので、ストレス軽減にも役立ちます。

2.単身赴任中の方!

すでにご結婚されている男性の方でも、単身赴任でご家庭を離れてしまえば一人暮らしをしているのと似たような状況になります。普段は奥様に家事を任せているという方は、突然すべてを自分でやらなければならなくなって戸惑うことも多いようです。

「つい掃除をサボってしまい、ゴミやホコリが山のように……」「自炊する暇がなく、いつもコンビニ弁当……」なんてことになりがちな方には、家事代行サービスがぴったり。掃除だけでなく、夕飯の支度などもできますので、安心して毎日を過ごすことができるでしょう。単身赴任の方は、月に2回程度の定期プランで家事代行を頼むのがオススメです。

3.共働きのご夫婦

最近になってニーズが増えてきているのが、共働きのご夫婦によるご利用。女性の意識が「結婚したら家庭に入りたい」という考えから、「結婚後も仕事を継続したい」という考えにシフトしてきていることが伺えます。
共働きの場合、「お互い忙しくて家事が手に付かない」というケースや「家事に追われて心に余裕が持てない」というケースがよく見受けられます。実際に掃除や洗濯、夕飯の支度などを家事代行でお願いすることで心を豊かに保つことができ、夫婦円満を維持できているとおっしゃるご夫婦もいらっしゃいます。お二人とも仕事中でご不在のときにも作業を依頼できますのでオススメです。

使い方いろいろ!家事代行

今回ご紹介したのはほんの一例。これら以外にも、様々なケースでご利用いただけるのが家事代行サービスの特徴。
継続的に利用する必要がなく、家事を手伝ってほしいときに頼めて、しかもいろいろなことをサポートしてくれる――いろいろと便利な使い方ができますので、「主婦のもの」と思わずに気軽に利用してみてはいかがでしょうか。